タイヤ交換の料金比較サイト。複数のタイヤショップへ一括見積もり依頼しよう!

ホーム  >  タイヤのお役立ち情報  >  タイヤの日にタイヤ点検をおこなった結果

タイヤのお役立ち情報

タイヤの日にタイヤ点検をおこなった結果


全国6か所で実施したタイヤ点検結果が大変なことになっています。あなたの愛車もタイヤ整備不良で走行していませんか?

イベント実施と点検結果

まず、日本自動車タイヤ協会をご存知でしょうか。日本自動車タイヤ協会は自動車タイヤの生産、流通、消費の研究。タイヤ業界の発展、向上に寄与することを目的とする協会です。上記協会は毎年4月8日(タイヤの日)に、全国でタイヤの日常点検を実施しており、整備の重要性を訴求する為にイベントを実施しています。2016年のイベントにてユーザーのタイヤ点検を実施した点検項目と結果は下記のようになりました。

・タイヤ溝(点検基準は乗用車1.6mm・小型トラック2.4mm)
・偏摩耗(両肩摩耗、片落ち摩耗、等)
・外傷(異物踏み、カット)
・空気圧不足
・ひび割れ、バルブコア不良、等

結果は139台中、21台がタイヤ整備不良となりました。不良率は15.1%です。今回イベントは全国6か所の高速道路のサービスエリアで実施されましたが、タイヤ整備不良で高速道路を走行する自動車が100台に15台は存在する計算となりました。特に点検にひっかかった項目は、タイヤの「空気圧不足」です。なんと整備不良全体の81%にもなりました。JAFが実施しているロードサービス救助のうち、タイヤパンク割合が10年前に比べて1.5倍に増加しているのも納得です。


アンケート結果

タイヤ点検を受けた方々にアンケートも実施されていました。内容と回答になります。

「前回いつ頃空気圧点検をおこないましたか?」
1か月前    65人(50%)
2~3か月前  30人(23.1%)
半年前     23人(17.7%)
1年前     5人(3.8%)
1年以上前   7人(5.4%)          アンケート回答者130人

タイヤの空気圧は少なくとも月に1回の点検・補充が励行されています。上記の結果だからこそ、今回のイベントのような結果になってしまったのは納得です。


適正タイヤ空気圧は家庭を救う

自働車のタイヤ空気圧は1か月で5~10%(10~20kPa)低下するといわれています。タイヤ空気圧が適正値より50kPa不足すると街乗りで2.5%・高速道路では4.8%燃費が悪化します。1度ご自分の年間ガソリン費用で計算すると良いのではないでしょうか。ガソリン代は安くなり、タイヤバーストによる交通事故の可能性も減少するので良いことずくめです。ぜひ、適正タイヤ空気圧を維持していただきたいです。


掲載日:2017年7月21日

アイコンの見方

一括見積もり参加ショップ
15インチまで対応 16インチまで対応
17インチまで対応 18インチまで対応
19インチまで対応 20インチまで対応
21インチ以上に対応
クレジットカード払いに対応
輸入車に対応
ランフラットに対応
アライメントに対応
土日も営業 祝日も営業

他のエリアで検索

  • 現在地で検索

    ボタンを押して検索

    インターネットのご利用環境によっては正確に表示されない場合があります。

  • 郵便番号で検索

    〒  -  検 索

    半角数字でご入力ください。

  • 住所で検索

    検 索

    例)東京都新宿区西新宿

Copyright(c) 2017 Daieisha Inc. All Rights Reserved.